■Accessランタイム利用について■


  MK工房のソフトは、Microsoft Access2010、またはAccess2007/2013/2016が、動作可能な環境で使用します。
  但し、Accessを未購入の場合、Accessに代えて、「Accessランタイム」を代用できます。

  Accessランタイムとは、Accessの持っている機能の中で、「ソフト開発」部分を制限し、「ソフト運用」部分
  のみを利用できるように限定したものです。
  この制限は有るものの、Access運用に関してはほとんどの機能を持っています。

  こちらを利用する場合、ランタイムは無償ですので、Access購入費を経費節約できます。
  その利用方法は下記の通りです。

≪Accessランタイム選択≫
    MK工房のソフトをインストールされるパソコンに設定されているWindowsのバージョンにより、
    利用に適したAccessランタイムのバージョンも異なります。
    それぞれのWindowsバージョンに最も応じたランタイムの選択は次の通りです。
     (※bit数の選択は、Windowsは 32/64bit 両方可、Accessは 32bit 限定です。)
Windowsバージョン
(32bit or 64bit)
ランタイム選択
(32bit 限定)
Vista Access2007ランタイム
Access2010ランタイム
Access2013ランタイム
10 Access2016ランタイム

≪Accessランタイム入手≫
     ●Access2007ランタイム●
  ≫ランタイムソフト本体(AccessRuntime.exe)・・Microsoft Office Access 2007 Runtime
     ●Access2010ランタイム●
  ≫ランタイムソフト本体(AccessRuntime.exe)・・Microsoft Office Access 2010 Runtime
     ●Access2013ランタイム●
  ≫ランタイムソフト本体(AccessRuntime_ja-jp_x86.exe)
                                ・・・・Microsoft Office Access 2013 Runtime
 
     ●Access2016ランタイム●
  ≫ランタイムソフト本体(AccessRuntime_4288-1001_x86_ja-jp.exe)
                                ・・・・Microsoft Office Access 2016 Runtime

≪Accessランタイム設定方法≫

    ランタイムの種類に応じ、下記の説明リンクボタンをクリックして、詳細説明を参照下さい。
●設定方法説明●
   ≫Access2007ランタイム
   ≫Access2010ランタイム
 
   ≫Access2013ランタイム 
   ≫Access2016ランタイム 

≪ 備考 ≫

    パソコン1台に複数バージョンのAccessをインストールした場合は、ソフト起動をする際にAccessバージョンを
    選別指定した上で目的のソフト起動をする必要があります。
    ショートカットアイコンのリンク先の設定が特殊ですので作り方を説明します。
    次のページを参照下さい。
        ≫複数Accessインストール時のショートカットアイコン     


WebShop