■Access2010ランタイム設定方法■


  Accessランタイムの設定方法は下記の通りです。

1.Accessランタイムのインストール
  ダウンロードしたAccessランタイムファイル「AccessRuntime.exe」をダブルクリックし、表示手順に従って操作しインストールを
  完了して下さい。

2.Accessマクロセキュリティの設定
  Access2010ではセキュリティが強化されています。
  そのままで、MK工房のソフトを起動すると下記の「セキュリティ警告」が表示され、機能できないように制限されます。
≪セキュリティ警告≫
  その為、MK工房のソフトを設置したフォルダを「信頼できる場所」として登録しないと使用できません。
  正規のAccessであれば、システムメニューの中でその為の「マクロセキュリティ設定」を行えます。
                         ≫参照「Access2010マクロセキュリティの設定要領」

  しかし、ランタイムの場合はその機能がありません。
  ついては、正規Accessで登録する事を、次の操作でレジストリに直接手作業で登録して下さい。
 ● 注意 ●
 レジストリの操作は間違うとパソコンが機能しなくなります。
 MK工房では機能不全に陥った場合に、事故補償は出来ません。
 自己責任で充分注意して下記の作業を行って下さい。


≪レジストリ登録の作業手順説明≫
  まず[スタート]ボタンをクリックし、検索欄に「regedit」と入力します。
                 
  表示されるプログラム「regedit.exe」をクリックします。
                 
  表示されるダイアログボックス「ユーザーアカウント制御」の変更許可
  に該当するボタン[はい]をクリックします。
                 
  「レジストリ」画面が表示されます。そのメニューの中から [HKEY_CURRENT_USER]をクリックして下さい。
                 
  「HKEY_CURRENT_USER」の枝フォルダの中から、[Software]をクリックして下さい。
                 
  「Software」の枝フォルダの中から、[Microsoft]をクリックして下さい。
                 
  「Microsoft」の枝フォルダの中から、[Office]をクリックして下さい。
                 
  「Office」の枝フォルダの中から、[14.0]→[Access]→[Security]→[Trusted Locations]→
  [Location]を順次クリック、又は、設定して下さい。
  まず、最初に「Access」フォルダ設定です。その作成要領は、下記の通りです。
                 
                 
  同じ要領で、枝フォルダを、[Security]→[Trusted Locations]と続けて作成下さい。
  但し、「枝フォルダ→枝フォルダ→枝フォルダ」ですので、位置関係を間違わないように!!
                 
  [Trusted Locations]フォルダ下の枝フォルダは、[Locations0]〜[Locations9]です。
  こちらは、個々の「信頼できる場所」の登録先フォルダになります。
  下記のサンプル画像は、複数の登録先の為、[Locations8]としていますが、初期登録の
  場合は、[Locations0]を設定下さい。
フォルダ名の数字部分は連番となります。
                 
  そして、「信頼できる場所」の具体的な、内容登録です。
  作成した新規フォルダを選択クリックし、その状態で「右」クリックするとメニューが表示されます。
  メニューの中から「新規」→「文字列値」とクリックして下さい。
                 
  新規フォルダの中に作成された新規文字列値の名前が「新しいキー#1」と表示されます。
  この名前を「Path」と書き換えます。
                 
  「Path」を選択クリックし、その状態で「右」クリックするとメニューが表示されます。
  メニューの中から[修正]をクリックして下さい。
                 
  ダイアログボックス「文字列の編集」が表示されます。
  「値のデータ」欄に、MK工房ソフトを設置したフォルダのパスを入力し、[OK]ボタンをクリックして下さい。
                 
  レジストリにパスが書き込まれます。
                 
  以上でレジストリの設定は完了です。
  登録した『MK工房ソフトを設置したフォルダのパス』は、「信頼できる場所」と認識され
  MK工房ソフトは円滑に運用できます。
                 
  画面最上部のツールバーの「ファイル」→「レジストリエディタの終了」をクリックし、レジストリ登録を終了します。

3.最新機能へのシステムアップデート
  マイクロソフトでは、Accessファイルの最新機能へのアップデートをサポートしています。
  更新プログラムの有無を確認し、インストールを完了して下さい。
     ≫マイクロソフト更新情報


  以上でランタイムの準備は完了です。
  MK工房のシステムファイルをクリックしていただくと円滑に機能します。